目の充血で目ヤニが出るのは病気?対処法を知ろう

このページでは、目の充血で目ヤニが出る場合の対処法を一緒に見て行きたいと思います。

 

目の充血で目ヤニが出てしまう原因は、ウイルス感染や細菌感染などの病気によるものもあれば、
疲れ目やコンタクトレンズによるドライアイ、目薬のさし過ぎによる充血や目ヤニもあるんですよ。

 

目ヤニの種類で判断する事が出来るものは次の3種類です。

  • 黄色くドロッとしたもの
  • 白くネバネバしたもの
  • 半透明でさらっとしたもの

大きく分けただけでも、この3種類があります。

 

それぞれに、症状の種類や状態を表すサインが含まれています。

  • 黄色くドロッとしたものは細菌感染
  • 白くネバネバした目ヤニはウイルス感染
  • 半透明でさらっとした健康的な目ヤニ

この3種類の中でも、黄色くドロッとした目ヤニや白くネバネバした目ヤニはウイルス感染や細菌感染なので、すぐに眼科医に掛かるようにしましょう。

 

もちろんですが、その際にコンタクトレンズをされている方の場合は、コンタクトレンズの使用状況や症状がいつ頃始まったのかなどを伝えるようにしましょう。

 

また、アレルギーや目の疲れ、ドライアイによる充血や目ヤニもあります。
花粉症などのアレルギー性の目の充血と目ヤニは、アレルゲンの侵入を防ぐのが、最優先の対策になります。

 

目からのアレルゲンの侵入を防ぐとなると、JINS-PCの花粉カットメガネなども有効な手段のひとつですね。

 

▽JINS-PC公式サイトはこちら▽

 

しかしながら、疲れ目やドライアイによる目の充血で、目薬を良く使っている方は目薬の使い過ぎが原因という事も考えられるというのはご存じない方が多いようです。

 

そういった、疲れ目やドライアイで、目薬を使っているにも関わらず、充血や目ヤニが酷い方は、ブルーベリーサプリを試してみるのもひとつの選択肢です。

 

なぜなら、疲れ目やドライアイによる充血が目薬を使っているにもかかわらず治らないという方は、
目薬の中に含まれる血管収縮剤が悪い方向に作用してしまっている場合が考えられます。

 

目薬の血管収縮剤は、一時的に血管を収縮させて、血流を滞らせる事で、目の血走りを抑えてしまうだけなんです。

 

なぜ、これが良くないのかというと、目を充血させるほど血管が拡張してしまっているのは、
そもそも眼球内の細胞の新陳代謝のために必要な栄養が不足していることなので、
それを解消するために血管を拡張させて『血流と共に栄養を送れ!』という命令が出ているせいなんですよ。

 

つまり、そこで目薬の血管収縮剤で血管を収縮させてしまうと、根本的な問題解決にならないので、もっと充血の症状が酷くなってしまうことも考えられるんですね。

 

なので、冒頭でもご紹介した目ヤニの種類も、どういったものが出ているのかを判断して、危険な症状ならすぐにでも病院へ。
そして、さらっとした半透明の健康的な目ヤニだった場合は、疲れ目やドライアイ、目の栄養不足が原因なので、目の栄養補給を優先にしてあげるのが対処法としては正しいものと言えるんですね。