ブルーベリーサプリで子供の視力悪化は防げる?

子供 視力 ブルーベリーサプリ

育ちざかりのお子さんをお持ちのお母さんなら、
子供が勉強のしすぎやゲーム、TVの見過ぎで目が疲れたようなしぐさを見せると気になるのは当然です。

 

成長期のうちの子供がもしかしたら視力が・・・

 

そんな心配が気になる瞬間は

 

  • 無意識に目を擦ろうとする
  • 一緒にTVを見ている時に近づこうとする
  • 通信簿で先生に注意力散漫を指摘された

 

実は、大人も子供も、というよりもむしろ成長期で、これから身体が大きくなって行く
子供の方が目の酷使による視力悪化は進みやすくなってしまうんですよ。

 

このページでは、子供の視力悪化予防には、どういった注意が必要なのか。

 

また、ブルーベリーサプリが子供の視力悪化予防にどういった効果があるのかを一緒に見て行きたいと思います。

子供の視力が悪化する理由

子供の視力はブルーベリーサプリで良くなる?

先ほど、子供は視力が悪化しやすいとお話ししました。

 

その理由は、まだ視力が安定していないことと他の器官がまだ成長段階にあるため、その影響を受けやすいからです。

 

また、遺伝によるケースも起こり得ます。視力悪化と言っても、その内容は近視や乱視、遠視などがあります。

 

近視と乱視については両親からの遺伝や祖父母からの隔世遺伝もあります。

 

しかしながら、いくつかの注意点を心がけることで子供の視力悪化は防げるんですよ。

子供の視力悪化を防ぐための注意点

子供の視力悪化を防ぐ注意点は

 

  • 夜、暗がりでマンガを読ませない
  • TVは2m以上離れて観る
  • 勉強もゲームも1時間に1回は10分の休憩を入れさせる

 

こうして見ると、不思議と大人でも疲れ目や眼精疲労を防ぐ注意点と同じです。

 

つまり、目を酷使しない事が、子供の視力を悪化させないための注意点なんですね。

 

というのは、まだ成長期の子供には『何事にも夢中になる集中力』があるからです。

 

多少目が疲れていようが、目が渇いていようが、勉強が楽しくなれば夢中になりますし、
好きなソフトのゲームや、観たいアニメなどの番組なら『まばたきをする事さえ忘れるほど夢中』という事が起こりやすいんです。

 

これは、目の健康を守る上では決して良い事ではありません。

 

目の酷使が大人の場合と同じく視力悪化につながってしまうからなんですね。

視力悪化予防には栄養補給も大切

また、食事でバランスが取れた栄養補給も大切になってきます。

 

緑黄色野菜には、βカロテンやビタミンC、ビタミンEなど豊富な栄養素が含まれています。

 

例えば、βカロテンはニンジン1本あたりに約5日分の必要量が入っています。

 

βカロテンは、抗酸化作用が強く、学校でも普及が進んでいるタブレットのブルーライトからも目を守ってくれるんですよ。

 

また、ピーマンもビタミンCとビタミンPと呼ばれる粘膜保護作用や
抗酸化作用に優れた栄養素がたっぷり摂ることが出来ます。

 

このように栄養バランスの取れた食生活を送ってあげさせられるように工夫して行きたいですね。