ブルーベリーサプリの副作用が気になる方は注目!

ブルーベリーサプリの副作用ってあるの?

ブルーベリーサプリは、目にいいサプリとしてかなり定着したイメージがありますよね。

 

口コミやレビューなどを見てみると、即効性があって粒も小さく飲みやすいブルーベリーサプリはネット通販でも人気アイテムになっています。

 

特にコンタクトを普段から使っていてドライアイに悩まされている方や老眼に悩んでおられる方には、手軽に目のうるおいを保ってくれたり、抗酸化作用を持つ栄養素が補給できるのがブルーベリーサプリの魅力です。

 

そんなブルーベリーサプリですが、副作用の心配はないのでしょうか。。。口コミやレビューでも効果を実感している方も多いだけに、効き目がある分副作用もあるんじゃないの?・・・

 

こんな心配をされる方も多いのではないでしょうか。

 

皆さんが持っておられる疑問は当然です。
例えば家族全員で飲みたい。または高齢のおじいちゃんやおばあちゃんなどに飲んでもらっても大丈夫なのか。。。
自分だけではなくご家族の健康にもかかわる事なので心配されるのは当然です。

 

ですが、ご安心下さい。これはブルーベリーサプリに限った話ではないのですが、基本的にサプリメントは、お薬と違って“特定の症状に対しての効果を保障しないかわりに副作用の心配があるような成分を使ってはいけない”ことになっているんです。

 

これは、製造会社のガイドラインではなく、厚生労働省の行政指導上でそうなっているんですよ。
(つまり、この行政指導命令を無視すると廃業になってしまうという事です。)

 

もちろん、栄養素の中でもビタミンAのように妊婦の方は過剰摂取に注意しなければならないものもありますが、
少なくとも用法と用量を守って適正量を摂取する限り副作用の心配がないというのがブルーベリーサプリの副作用に関する結論です。

 

ちなみに先ほどビタミンAの話が出て来ましたが、ビタミンAの過剰摂取が妊婦さんにとって良くないと言っても、ビタミンAとして摂取する場合に限ったことになります。

 

ビタミンAは、βカロテン(プロビタミンAとも呼ばれます。)という成分で、摂取すると“体内で必要な分だけビタミンAに変わる”栄養素なんです。

 

体内で必要になった分のビタミンAは、目の周りの粘膜修復などに使われます。そうなる事で目の健康を維持できるという仕組みなんですよ。

 

それらビタミン類、またはビタミン様物質、そして紫外線やブルーライトで発生する活性酸素を還元してくれるポリフェノールの働きで目を守りながら視力維持を助けてくれるのがブルーベリーサプリなんですね。