一望百景とブルーベリーアイはどちらが良い?比較検証しました

目に良いサプリというと、数え切れないほどの種類があります。

 

その中でも最近注目度が高まっているのが、TVCMで有名なブルーベリーアイと沖縄産の紅イモサプリの一望百景です。
このページでは、一望百景とブルーベリーアイを成分や価格などで比較すると共に、どちらがどういった方におすすめなのか。といった根本的な疑問を解き明かしてみたいと思います。

 

そして、どちらが自分に合っているのかといった最終的な結論を掴んで頂ければと思います。
そのためには、両者の違いを知る事から始めたいと思います。

 

一望百景とブルーベリーアイの違い

一望百景とブルーベリーアイの違いは、摂取出来る成分にあります。
一望百景は次のような成分が摂れます。

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • フコイダン

一方のブルーベリーアイで摂れる成分はこちらです。

  • 高吸収型ビルベリーエキス(アントシアニン)

一望百景は、視機能改善の効果があるアントシアニンだけではなく、ブルーライトカット効果があるルテインも含有、そして琉球もずくから抽出されるフコイダンという成分が摂れます。

 

一方のブルーベリーアイは、ナノビルベリーエキスと呼ばれる高吸収型ビルベリーエキスという独自成分を配合しています。
この成分配合の違いは、どちらもそれぞれのサプリメントに求めた性能の違いです。

 

アントシアニンは、視機能の改善の他にもブルーライトカット効果も含まれるため、高吸収型のビルベリーエキスという時点で、疲れ目からくる目のかすみやピントがぼやけると言った悩みに効果が期待出来る事を狙っており、一望百景の方は、紅イモ由来のアントシアニンと八重山かずら抽出のルテインの2つの成分の総合力で視機能改善とブルーライトカット効果の実現を狙っています。
となってくると、一望百景の方はフコイダンの働きが残る事になります。

 

フコイダンの効果は、1970年代以降になって盛んになって来た成分との事で、次のような働きがある事が今までに判明しています。

  • 健胃作用
  • 免疫力向上
  • 肝機能向上

(ヘルスケア大学の“フコイダンの効果・効能”のレポートより)

 

ただし、目に対する効果という意味では、フコイダンには強い抗酸化作用がある事が分かっているので、目の角膜や水晶体が老化によって硬くなってしまう症状の予防が期待出来ると言われています。

 

つまり、一望百景とブルーベリーアイの違いは、視機能改善+ブルーライトカット効果までは同程度。

 

それに対して、次のような効果を狙って付与していると考えられるんですよ。

  • 老眼による目のかすみ予防
  • 水晶体保護によるピント調節機能維持
  • 白内障や緑内障などの予防効果

実際に使ってみて効果が実感できるかできないかについては体質の個人差や生活習慣もあるので、はっきり断言する事は出来ませんし不可能です。

 

しかしながら、視機能改善とブルーライトカット効果だけではなく、老眼や白内障、緑内障の予防といった効果も狙った成分配合がされている一望百景とアントシアニンの吸収効率に徹底的にこだわって視機能改善にこだわったブルーベリーアイという違いがある事は分かって頂けたのではないでしょうか。