健康家族のブルーベリーの特徴と魅力

健康家族のブルーベリー

健康家族のブルーベリーの特徴は、その名前の通り、家族全員で安心して飲めるブルーベリーサプリという点です。

 

それぞれの成分の働きについては、次の段落で詳しくご紹介しますが、
歳のせいか最近は目がかすむ・・・と気にされているお父さんやお母さん。
育児疲れやストレスで目の周りがなんとなく重苦しいと悩んでいる小さな赤ちゃんがおられる授乳期のママさん。
仕事や車の運転で疲れ目が気になる若いご主人。
また、ゲームなどで遊ぶ事に慣れていて目が疲れているお子さんまで、家族全員で飲める安心のブルーベリーサプリというのが『健康家族のブルーベリー』の特徴です。

 

有効成分の種類は、アントシアニンとβカロテン、ルテインの3つだけ。

 

それらシンプルな有効成分が、安全性と吸収効率の向上にこだわった溶けやすいベジキャップというトウモロコシと海藻由来の天然成分のみで作られたソフトカプセルにギュッと凝縮されています。

 

有効成分の種類が多すぎると、子供に飲ませて大丈夫なの?と心配になったり、たくさん種類が入っているという事は、逆にいちばん欲しい成分がしっかり摂れないんじゃ・・・という心配もありません。

 

▽健康家族のブルーベリー公式サイトはこちら▽

健康家族

 

健康家族のブルーベリーの成分と効果

冒頭でも軽くご紹介しましたが、健康家族のブルーベリーに配合されている目の有効成分はシンプルに3つのみです。

  • アントシアニン
  • βカロテン
  • ルテイン

それでは、それぞれの成分の効果について一緒に確認して行きましょう。

 

アントシアニンの効果

アントシアニンは、北欧産の天然野生種のビルベリーから抽出される成分で、視覚機能を改善する効果が期待出来る事が実験で示唆されています。
ビルベリーが“わが実を守るために生成するポリフェノールの1種で、視神経を通じて目が見えると認識するために必要なロドプシンというタンパク質の分解と再合成を助ける効果がある事がわかっています。
長時間仕事で書類に目を通したり、精密な作業をするために目を酷使している方に不足しがちな成分です。

 

βカロテンの効果

βカロテンは、厚生労働省も認める特定健康成分のひとつで、夜盲症の改善や眼球周りのデリケートな粘膜を保護する働きがあります。
仕事帰りの薄暗い時間帯の車の運転で『ヒヤっとしたことやビックリしたこと』が多い方、またドライアイなどで目のゴロゴロ感や異物感がイヤという方におすすめです。
効果の仕組みはビタミンAと同じなのですが、ビタミンAは妊娠中や産後の授乳期のママさんにとって過剰摂取が気になる成分であるのに比べて、βカロテンは腸管から吸収されて身体に必要な分だけレチノール(ビタミンA)に変換される『ビタミンA前駆体』なので、過剰摂取の心配もないと言われる成分です。

 

ルテイン.の効果

ルテインは、ルチンという名前で覚えておられる方もいらっしゃるかも知れませんが、実は違います。
ルチンはそばや玉ねぎに含まれる成分で血管を強化する働きがあるのに対して、ルテインは花のマリーゴールドから抽出される黄色色素のキサントフィルに分類されるカロテノイドの1種です。
ルテインの効果は、パソコンやスマホ、タブレット、液晶テレビなどのブルーライトによる“目の酸化劣化を予防”する成分で、別名を『天然のサングラス』とも呼ばれています。
わたし達現代人の生活環境では、もっとも目にとって必要な保護成分と言えますね。

 

健康家族のブルーベリーの魅力

冒頭で、健康家族のブルーベリーの特徴が『安心して家族全員で使うことが出来るブルーベリーサプリ』とご紹介しました。

 

その理由は、成分がシンプルでありながら添加物や目薬のような防腐剤などを心配しながら使うといった事がないという点です。

 

健康家族のブルーベリーは、成分の安全性、天然由来で副作用の心配が極力抑えられているというところが最大の魅力と言えると思います。

 

大切な家族の目を守るために、ちゃんと効果が感じられるものでなくてはいけませんし、安全性は言うまでもありません。

 

そんな部分がしっかりしているのが健康家族のブルーベリーの魅力なんですね。

 

▽健康家族のブルーベリー公式サイトはこちら▽

健康家族

 

健康家族のブルーベリーはこんな方におすすめ

健康家族のブルーベリー

冒頭でも軽くご紹介しましたが、健康家族のブルーベリーはこんな方におすすめのブルーベリーサプリです。

 

休日には、家族全員で映画を見に出掛けたり、読書をしたりするのが大好き。

 

でも最近は、子供の視力も気になって、自分自身も目の疲れを感じるようになってきて、本を長時間読んだり、映画を映画館のような暗いところで見るのがツラく感じる時がある。
本当は気になる映画は映画館で見たいんだけど。。。

 

TVの医学系番組などで、緑内障や加齢黄班変性、白内障など目の病気を見たり聞いたりすると“ドキッとする”事が多くなってきた。

 

そんな“怖い感覚”を覚えて不安に思われている方におすすめの目にいいサプリが健康家族のブルーベリーです。

 

その理由は今感じておられる不安が、ただの取り越し苦労で終わるなら問題はないのですが、そうでない可能性が高いからです。

 

というのも、突然目が見えにくくなったり、かすみが掛かったようになるのは白内障や緑内障の前兆とも考えられるんですよ。

 

本を読んでいると、文字を目で追いかけますよね。長時間その状態を続けていると、焦点が合わなくなったり、目頭が重苦しくなってきませんか?
また、暗いところで映画を見ていると観終わった後に、肩が凝っていたり、背中が張るような感覚になる事はありませんか?

 

これらの感覚は視神経の情報伝達が脳に充分に伝わらず、無意識で“目に意識を集中”させてしまっている証拠かも知れません。

 

こういった目の疲れからくる身体全体の疲れや部分的な疲れや痛みは、将来的な目の病気のリスクを加速させる原因になってしまうかも知れないんですよ。

 

その不安を取り除くためには、目の健康を維持してくれる栄養素をしっかり補ってあげる必要があります。
特に目の周りの粘膜の酸化劣化をカバーするためのβカロテンや、絶え間ない光や色の変化を受け取る網膜を保護してくれるルテインは是非取りたい栄養素です。

 

しかし、βカロテンやルテインを毎日の食生活で摂り続けるというのは。ちょっと難しい話なんですよ。

 

というのも、日本以外の先進国は、ほとんどの国でβカロテンの推奨摂取量を一日あたり2〜4mgと定めているのですが、日本人の食生活では1mg〜1.5mgしか摂取出来ていないのが実情なんです。

 

さらに、ルテインに関しては紫外線による網膜に入り込んでくる活性酸素を防御するのに必要な栄養と言われているのですが、目の病気予防のために必要な毎日の摂取量は推奨値で6〜10mgと言われており、こちらもぜんぜん足りていない状況なんです。

 

βカロテンやルテインは緑黄色野菜に含まれているのですが、推奨摂取量の半分を超える程度しか摂る事が出来ていません。

 

ですが、逆に言えば将来的な目の病気リスクを予防するための栄養素を半分以上はクリア出来ているとも言えます。

 

そうなんです。今感じている目に対する不安を解消できるにはほんの少し必要な栄養素を補ってあげるだけで充分なんですよ。

 

βカロテンもルテインも高濃度で配合されているサプリメントは販売されていますが、どれも値段が高く、家族全員で継続していくには、ちょっとためらってしまう金額のものも多いのが事実です。

 

普通の食生活を送る事が出来ている方なら、それほど高価なサプリを目にいいからという理由で続けるのは、ちょっと無理がありますよね。

 

健康家族のブルーベリーは、毎月家族の人数分を定期購入で自動的に届くように注文しておくと、家族4人なら一袋当たり¥1,242(税別)で購入出来てしまうお手軽な目にいいサプリなんですよ。