近視改善に効果のあるサプリってないの?

近視 サプリ

近視は毎日の生活を本当に不便にしますよね。

 

メガネやでコンタクトレンズ視力矯正じたいは出来ますが、コンタクトレンズは装着したまま寝る事は出来ませんし、
乾燥に弱く、すぐに目が充血したり、その時の体調によって毎朝コンタクトを装着する時はゴロゴロしないかドキドキしませんか?

 

長く近視で視力悪化していると慣れてしまいますが、
やはりコンタクトもメガネもしていない状態で景色がはっきり見える状態にしたいものです。
そのためには目のピント調節機能を改善することが大切になってきます。

 

この仕組みは次の段落で詳しくご紹介していますが、そのために必要なポリフェノールの『ルテイン』という成分が効果的なんです。
また、ルテインの吸収力を上げるためにも、眼球の奥の網膜を守るためにも効果的なアントシアニンも大切になってきます。

 

このページでは、そのような近視の原因と仕組みから見た効果が期待出来るブルーベリーサプリをご紹介します。

近視の原因と仕組みについて

近視に悩まされる原因はひとつではありませんが、その中でも最も大きいものが、水晶体の厚みが近くを見つめる状態に固定化されてしまうものです。

 

水晶体は毛様体筋という眼球の中にある筋肉によって厚み調節をされています。

 

近くを見る時は、毛様体筋がピンと張って水晶体が厚く、そして遠くを見る時は緩んで水晶体が薄くなるようになっています。

 

このタイプの近視は、屈折性近視というもので、ちゃんと目に必要な栄養が足りていれば“充分に回復可能な近視”と言われています。

屈折性近視の回復に必要な栄養素

屈折性近視の回復には毛様体筋の緊張をほぐしてあげる必要があります。

 

毛様体筋が緊張によって張りつめてしまい、もとの緩んだ状態に戻らなくなってしまっている事が近視の屈折性近視の仕組みです。

 

その原因は、ずっと近くのものを1点集中で見続けていたりすると、毛様体筋が緊張の連続を強いられる事にあります。

 

水晶体の厚みが自由自在にスムーズに調節出来れば、屈折性近視に悩まされる事はなくなります。

 

改善には、毛様体筋の緊張をほぐしてあげる必要がある事は先ほども言いましたが、それが出来る栄養素が含まれているサプリが効果が期待出来るものと考えられます。

 

ルテインというカロテノイドの仲間が、毛様体筋の緊張をほぐす効果があると言われているので、さらにアントシアニンとも一緒に摂る事が出来るサプリメントが効果的と言えるでしょう。

屈折性近視にお勧めのブルーベリーサプリ

屈折性近視の改善にお勧めのサプリメントは、『一望百景』というサプリメントです。
一望百景は沖縄食材の紅芋や琉球もずく、八重山葛といった食材と、ルテインも
吸収力の高い水溶性ルテインを抽出することができるマリーゴールドという花から抽出されたルテインを20mgも配合しています。

 

通常の場合、ただ視力低下を予防することを考えるなら、
ルテインは1日あたり6mg〜8mg摂れば充分と言われているのですが、
明らかに近視改善を考えるならできるだけ多く摂れるほうが良い成分です。

 

そのため目のピント調節の改善に働きかけてくれる効果が期待できるんですね。
屈折性近視という症状は、
目の疲れによる水晶体の厚みを調節する毛様体という筋肉の緊張をほぐすことが大切というのは先ほどもご紹介しましたが、
それに加えてさらにその毛様体の動きによってスムーズにその動きにスムーズに反応できる柔軟性に富んだ水晶体が必要不可欠になります。

 

そのためには眼球の内部まで潤いを届けてあげる必要があるのですが、
そのための効果的な成分が琉球もずくに含まれているフコイダンだと言われています。
フコイダンは海藻のネバネバ成分で、ヒアルロン酸などを豊富に含み、
加えてヒアルロン酸には期待できない抗酸化作用も非常に高く、
目だけではなく胃腸の健康維持にも役立ってくれると言われています。

 

疲れ目から食欲がないとか、頭痛がひどくて食べる気がしないといったような症状を感じる前に
普段からそのような目のピント調節に効果的な成分を含んでいるサプリメントを利用して
屈折性近視の改善と予防の効果を試してみてはいかがでしょうか。