ブルーベリーサプリは疲れ目・ピント調節に効果的

ブルーベリーサプリ

ブルーベリーサプリの効果というと、やはり『目にいいサプリ』という認識をされていらっしゃる方が多いと思います。

 

ブルーベリーサプリには、ものよって違いがありますが、様々な抗酸化物質が豊富に含まれています。

 

ブルーベリーサプリの効果は

  • 疲れ目を和らげる
  • ブルーライトカット
  • 眼精疲労の軽減
  • 目元の老化防止
  • 老眼の予防と改善
  • 視力低下の予防と改善

疲れ目を和らげるのは、アントシアニンやルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなどの抗酸化物質の働きです。

 

これらの成分は、それぞれに違う働きがあるので、後ほど詳しく一つずつを見て行きたいと思います。

 

目が疲れるのは、長時間パソコンやスマホの画面を見つめて細かい文字を読んだりする事によって起こります。

 

また、TVやYoutubeなどの動画を見続けるのも、疲れ目の原因になりますが、
これは網膜に入って来た光を視神経を通じて脳に送る機能が酷使される事によるものです。

 

これを軽減するのに、アントシアニンやルテインが効果的なんですよ。

 

また、目のピント調節が上手く行かないと自然と見難いものを良く見ようとして『目を凝らす』ようになります。

 

こういった事が長時間続くと、水晶体の厚みが調節出来なくなり、
視機能が低下して、いわゆる『視力が悪くなった』という状態になります。

 

これを、防ぐには毛様体筋に働きかけて水晶体の厚みを調節しやすくしたり、
水晶体じたいの酸化による劣化で硬くなってしまう事を防いだりする事が大切です。

 

カルーセル真紀さんが、老眼で視力が悪化していたところを
ルテインがたくさん含まれているサプリメントを飲んでいたら回復したという体験談を語っておられましたが、
老眼も近くのものも遠くのものもピントが合わせにくくなる毛様体筋と水晶体の劣化が原因だからです。

 

水晶体と毛様体筋に働きかけるルテインが効果的と呼ばれるのは、これが理由なんですね。

 

例えば、老眼や遠視、近視など目のピント調節が問題になっている方なら、水晶体の柔らかさを保つ働きがあると言われるDHAが入っているブルーベリーサプリが効果的です。

 

また、パソコンやスマホのブルーライトから目を守る働きや水晶体の厚みを調節する毛様体筋の働きを活性化させてくれると言われるルテイン。

 

そして“見える”という認識を脳に伝えるロドプシンの再生成を促すアントシアニンなど、本当にさまざまな成分が入っているのがブルーベリーサプリなんですよ。

 

ブルーベリーサプリを選ぶ時に“この成分が欲しいからこれにしよう”と言った理由で選んでおられますか?

 

このページでは、それぞれの成分から、どんな目の悩みに良いのか。どのサプリを選ぶべきなのかと言ったところまでご紹介したいと思います。

 

ブルーベリーサプリの成分別の効果

このページでは先ほど言いましたが、このページをご覧下さった方に“自分に最適なサプリを選ぶための基準”のひとつである成分と期待出来る効果をご紹介したいと思います。

 

アントシアニン

ブルーベリーサプリの効果のお話をするときに必要なのがアントシアニンの効果です。

 

アントシアニンの効果は先ほど軽く触れましたが、目に入ってくる光(景色)を電気信号に置き換えて脳に伝える神経伝達物質のタンパク質ロドプシンの再合成を助ける働きがあると言われており、ブルーベリーサプリの素材であるブルーベリーや北欧産のビルベリーに含まれてポリフェノールの1種としてどのくらいの量が入っているのかがブルーベリーサプリの性能を判断する基準のひとつにもなっています。
目の“見える機能を助けてくれる成分”として、出来るだけたくさん摂りたい栄養素ですね。

 

ルテイン

ルテインは、“天然のサングラス”とも言われる色素成分で、カロテノイド(ポリフェノール類のひとつ)のひとつです。身近なところではカプサイシンも赤の色素を持つカロテノイドの一種です。

 

ルテインは、花のマリーゴールドの黄色はルテインが持っている黄色で、ブルーベリーサプリでは天然ルテインとして、マリーゴールド抽出のルテインを使用しています。ルテインの働きはパソコンやスマホ、TVなどから発せられるブルーライトを遮蔽する力に優れているほかに、水晶体の厚みを調節する毛様体筋の動きをスムーズにする効果も期待出来ます。

 

DHA

青魚に含まれる魚油の不飽和脂肪酸である事はご存じの方も多いのではないでしょうか。老化防止や活性酸素の撃退など様々な働きを持っているのですが、ブルーベリーサプリでは水晶体の柔らかさを保つ働きを期待出来る成分として配合されています。

 

水晶体が柔軟性を保っていると目のピント調節がスムーズになります。

 

また、ドライアイの軽減にはDHAが最適と言われています。
その理由は、涙の蒸発を防ぐ、ムチン層とい粘り気がある涙の層の質を上げる事が出来るからです。

 

涙が蒸発して渇いてしまう事がドライアイの症状なので、ドライアイの改善に直接的に働きかける成分がDHAでもあるんですね。
これは、眼科医でもドライアイの相談をすると、DHA入りの目薬を処方してくれるところが多いことでご存じの方もおられるかも知れません。

 

このような、目のピント調節補助とドライアイの改善、予防が期待出来るDHA入りのブルーベリーサプリは
育ちざかりのお子さんにも勉強で疲れた目を休ませてリフレッシュさせるためにDHAが含まれているブルーベリーサプリを飲んでもらうのは良いですね。

 

βカロテン

βカロテンは、緑黄色野菜に豊富に含まれている植物性のビタミンA前駆体のことで『プロビタミンA』とも呼ばれています。

 

身体の中で必要な分だけビタミンAに変換されるのがβカロテンの特徴なのですが、
ビタミンAに変換されると、眼球の表面の粘膜や眼球を包み込んでいる
まぶたの内側の粘膜などがドライアイなどのゴロゴロ感によって傷付いているダメージの修復に働きかけてくれます。

 

その他にも、瞳孔に吸収されると夜盲症の改善や予防にも効果的と言われています。

 

夕方や夜にレストランや居酒屋のメニューなどが見難いと感じた事はありませんか?
これは、夜盲症の前兆とも言える暗視機能の低下が起こっている事によるものなんです。

 

こういった症状を軽減、改善するために効果的なのがβカロテン入りのブルーベリーサプリなんですよ。