マキベリーサプリのクッキリンの特徴と魅力

△マキベリーサプリ「クッキリン」公式サイトはこちら△

 

南米パタゴニア地方の奇跡のフルーツのマキベリーを原料に使ったブルーベリーサプリがクッキリンです。

 

このクッキリンは、毎日の仕事でパソコンを使っていて、ブルーライトメガネを使っているけど、疲れ目やブルーライトで目の奥が痛く感じる・・・という悩みを抱えておられる方に是非試して頂きたいサプリなんです。

 

特徴としては、冒頭でも紹介したように、南米のパタゴニア地方(南米大陸南端の地方)で野生種として自生しているマキベリーを使っている点です。

 

マキベリーを使う理由は、同じく南米ブラジルの奇跡のフルーツと呼ばれているアサイーの5倍!通常のブルーベリーの14倍!?も含まれているからです。

 

その抗酸化力は非常に高く、ORAC値という抗酸化力指標の世界基準値では、アサイーの1.7倍もの抗酸化力を示しています。

 

つまり、実際の活性酸素の還元量でもアサイーを置き去りにするほどの能力の高さを持っているわけです。

 

先ほど、パソコンを毎日使う仕事をされていてブルーライトカットメガネなどを使っていても、目が疲れる、また目の奥がジンジンするなどの症状に悩まされている方におすすめと書きましたが、

 

それは、ご存じの通り現代人の疲れ目や眼精疲労の多くの原因がパソコンだけではなく、スマホやタブレット、TVなどの画面から浴び続けているブルーライトによるものです。

 

このブルーライトは、活性酸素として体内で様々な部位を錆びさせてしまう怖い存在で、現在では人間が老化するのは活性酸素が原因とも言われているのはご存の方も多いでしょう。

 

そんなブルーライトを普段から、仕事、プライベートな時間、自宅でくつろいでいる時などに常に浴び続けているのが現代人の目なんです。

 

ブルーライトをこれだけ浴び続けていれば、疲れを感じるのも、痛くなってしまうのも当然です。

 

そんなわたし達の目を効果的にブルーライトから守ってくれるのがマキベリーサプリのクッキリンなんです。