目にいいサプリに入っているルテインの働きってどんなの?

このページでは、ブルーベリーサプリに含まれている『ルテイン』という成分の効果・効能について一緒に見て行きたいと思います。

 

ルテインは緑黄色野菜の中のピーマンやニンジン、花のマリーゴールドなどに含まれる色素成分で、キサントフィル類というポリフェノール群のひとつです。

 

目を紫外線から守り、ピント調節を助ける働きがあることが分かっています。

 

また、抗酸化作用が高く、血液をサラサラにするほかに血管の柔軟性を進めて強化してくれる事も分かっています。

ルテインの効果・効能は?

ルテインの効果・効能は次のようなものです。

  • 紫外線から網膜を守る効果
  • 目のピント調節を助ける効果
  • 白内障・緑内障の予防
  • 加齢黄班変性症の予防
  • 抗酸化作用で血流改善

このような効果があることが分かって来ています。

 

つまりルテインは、こんな方におすすめといえるんですよ。

 

普段から、仕事でパソコンの前にいる時間が長く、家に帰ってもついついTVを見てしまう。

 

気が付けば、昔から比べてずいぶん視力が落ちたと感じて、このまま行ったらと考えると怖くなる。。。

 

今、こんな目の不安を感じている方が多いのは事実です。パソコンとTVの話を冒頭でしましたが、実はその合間にも通勤電車の中や休憩時間ではスマホを使っていたりということもあります。

 

これらの情報端末は現代を生きる私たちにとっては、どうしても欠かせないもので、ついつい頼り切った生活のリズムも出来上がってしまいがちです。

 

なぜ、冒頭からこんな話を長々と続けるかというと、実はこれらの機器から発せられるブルーライトが社会問題化しているからです。

 

目にいいサプリを求める方が多くなっているのも、こういった背景が影響しています。

 

そんな中で、目にいいサプリを使う上で是非チェックして欲しい成分がルテインなんです。

目にいいサプリのルテインはこんな成分です

目にいいサプリに含まれているルテインは、自然界に存在するキサントフィル類と呼ばれる黄色色素の栄養素です。

 

前述でパソコンやTV・スマホから発せられている光をブルーライトと言いましたが、紫外線の中でも最も波長が短い部類に入るもので、網膜に与えるダメージが意外と大きい光です。
そしていちばん問題なのは、ブルーライトの刺激性もありますが、結果として発生する“活性酸素”です。

 

ルテインは黄色色素なので、ブルーライトの刺激性を中和してくれる働きがあります。

 

別ページでご紹介したアントシアニンも活性酸素を還元してくれる働きがあるのですが、直接的にブルーライトの刺激性を緩和してくれる働きがあるのはルテインなんです。

 

目にいいサプリには、かなりの確率で含有されている成分ではありますが、中にはルテインが配合されていないものや極端に少ない量しか入っていないにも関わらず“ルテイン配合でおすすめ”などと言ってアピールしているサプリがあるので注意が必要です。

 

実はルテインでブルーライトの刺激性を中和する事で、緑内障や飛蚊症の発生リスクも下げる事が出来ると言われており、そういった役割をちゃんと期待出来る量としては、毎日6mg〜10mgは摂る事がおすすめとされています。

 

目にいいサプリでも、ちゃんと良い成分をしっかり配合されている事を確認してから使うようにして下さいね。