緑内障の予防に必要な栄養素ってどんなの?

緑内障は、日本人が中途失明してしまう原因のトップになっている恐ろしい目の病気です。

 

NHKの人気番組「ためしてガッテン!」などでも緑内障による中途失明の危険性が取り上げられたりしています。

 

緑内障は、発症してしまうと、少しずつ進行していきます。そして“視野欠損”と言って視界が少しずつ狭くなっていったり欠けて行ったりします。

 

しかも、人間の脳は視野欠損を脳の力で補ってしまうので、症状が完全に悪化して気づくレベルに達するまでは、病気に気づく事が出来ない恐ろしい病気です。

 

そんな緑内障を予防する栄養素は普段の食生活でも摂る事が出来ます。
ルテインやβカロテンなどの栄養素は網膜を紫外線から守ってくれます。

 

さらにブルーベリーサプリの有効成分のアントシアニンが持っている抗酸化作用があり、眼球の中の硝子体(ガラス体:ゼリー状の物質です。)の酸化劣化を防いでくれる働きがあるので、総合的な緑内障予防に効果的と言われているんですよ。

 

視神経が網膜に届く光の活性酸素によって影響を受け、最終的に視野を失ってしまうのが緑内障なのですが、緑黄色野菜を多めに摂る事で予防のために必要な栄養素はカバーする事が可能なんです。

 

しかし、普段から食生活に注意している人でも、毎日推奨摂取量の野菜を摂る事は簡単な事ではありません。

 

毎日の食事で緑内障予防に必要な栄養素を補おうと思ったら、苦手な野菜や果物なども推奨されている量を食べなければいけないのです。それを避けて長く生活を送って行って、しかも目を酷使する習慣があると、その分だけ緑内障リスクが高まってしまいます。

 

冒頭でも紹介しましたが、日本人の中途失明の原因でトップにいる目の病気なので、わたし達日本人は本当に注意が必要なんですね。