老眼に効くサプリのおすすめは?

老眼に効くサプリメントはないの?

このページでは老眼に効くサプリという条件を成分から見ておすすめのサプリを紹介するページです。

 

老眼というと50代よりも上の年代の方が感じる目の衰えというイメージがあるかも知れませんが、
最近では30代などの若い年代の方でも老眼の症状に悩まされる方が増えているんです。

 

つまり、『老眼』は目の老化現象ではないという事なんです。
老眼が、本当に老化現象のひとつで時間を止められないのと同じように改善する事が出来ないものなら諦めるしかありません。

 

しかしながら、そうではなく老眼の具体的な原因や仕組みを知って正しいケアを実践する事で改善出来る可能性があるんですよ。

 

ちょっと説明が長く感じられるかも知れませんが、ちゃんと順を追って説明と紹介をしていきますので、最後まで読んでみて下さい。

 

もし、途中で読むのがつらく感じるようならば、そのまま閉じてください。
PCでもスマホでも、情報機器から発せられるブルーライトは決して目に良いものではありませんので。

 

老眼を引き起こす環境と仕組み

 

現代人は、疲れ目の原因になる事や視力悪化、また最悪の場合目の病気の白内障や緑内障、加齢黄班変性症などのきっかけになり得ることは充分に承知していても、TVやPC・スマホ・タブレットなどの情報機器を完全に使わないという事は出来ません。

 

そんな環境の中で、ブルーライト(紫外線)による活性酸素の影響で表れる症状のひとつが老眼と言われています。

 

老眼とは、眼球がものを見る際のカメラで言うところのレンズの働きをしている水晶体の酸化劣化によって、厚みが調節出来なくなる事が直接の原因です。

 

水晶体はカメラのレンズでいうと距離や対象物の大きさにピントを合わせる“絞り”の役割を果たしています。

 

その水晶体が酸化劣化で硬くなり、厚み調節を受け付けにくくなり、尚且つ水晶体の厚み調節を行う毛様体筋の動きも疲れによってスムーズにいかなくなります。

 

そうなると、近くを見てもピントが合わず、遠くも見えにくいという現象が起こります。これが一般に言われる老眼の正体です。

 

しかも、こういった老眼の悩みを抱えておられる方は最近では意外と多いというのはご存じでしたか?

 

老眼という名前が付くだけに老化現象のひとつだと思っておられる方も多いのですが、最近ではパソコン7やスマホの普及、さらには素早い動きには画像が遅れて見える液晶TVの登場で目にとってはとても厳しい環境と条件がそろってしまっているせいもあって、若年性老眼に悩まされている若い方も意外と多いんです。

 

ちょっと話が長くなってしまいましたが、老眼が遠くのものや近くのものがどちらも見えにくくなる仕組みをご存じでしょうか。

 

いちばんのカギになるのは、水晶体の柔軟性が失われることです。

 

そして、それに追い打ちをかけるのが水晶体の厚みを調節してカメラで言うと、ピント合わせを行っている毛様体筋という筋肉の動きが血行不良や目の渇きなどで鈍くなる事の2点です。

 

分かってしまえば、それほど難しくない仕組みの老眼なのですが、ではその症状に効果が期待出来るサプリメントの成分をみて行きましょう。

 

老眼改善の効果が期待出来るサプリの成分

 

老眼の改善には先ほどご紹介した老眼の仕組みの条件を崩すのが改善の近道です。

 

それには、先ほどもご紹介しましたが、水晶体の柔軟性を確保する成分と毛様体筋の働きを助けてあげる成分の摂取が必要になります。

 

フコイダンをご存じの方も多いでしょう。実はフコイダンには抗酸化作用の他にも水晶体の柔軟性を保つ働きが期待されていて、老眼の改善に最適な成分と言われています。

 

そしてもう一つは、毛様体筋の動きをスムーズにするための血行改善効果があるルテインです。

 

この二つの成分を一日あたりたったの一粒で摂れてしまうサプリが老眼に効くサプリとしてこのページでご紹介するサプリです。

 

そのサプリは琉球もずくでフコイダンをたっぷり摂る事が出来て、八重山かずらという緑黄色野菜の中でもルテインが豊富な葉物野菜でルテインもたっぷり補う事が出来ます。

 

老眼 サプリメント

その名前は“一望百景”というサプリメントです。

 

ルテインは、黄色色素の栄養素で抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、花のマリーゴールドから抽出される成分なのですが、八重山かずらはマリーゴールドから抽出できるルテイン量の倍近い量が抽出できます。

 

そして琉球もずくは、コンブやメカブの倍以上のフコイダンが摂れるので、八重山かずらと琉球もずくを普段から食べている沖縄の高齢者には老眼で悩まされている人がほとんどいないと言われるほどなんです。

 

そんな琉球もずくと八重山かずらの成分を余すところなく力を引き出すのに成功しているサプリが“一望百景”なんですね。

 

一望百景の詳細ページはこちら

 

さらに、沖縄紅イモからは通常のブルーベリーの4倍ものアントシアニンを摂る事が出来るので、効果が期待出来る成分で改善された水晶体や毛様体筋の老化を予防する事も可能です。

 

アントシアニンは、ビタミンCやビタミンEと並んで、抗酸化作用がとても高く、活性酸素を除去する力を持っていると言われています。

 

活性酸素は、呼吸で入ってくる酸素が身体を“サビさせてしまう”と言われているもので、今では老化のいちばんの原因と考えられているんです。

 

目の衰えは年代を関係なく襲ってくるのが現代人のわたし達の生活環境の特有のリスクです。

 

冒頭でも、紹介しましたが若い年代の方でも、目の衰えを感じる事は決して異常な事ではありません。

 

抗酸化作用が期待出来る成分を積極的に摂る事で目だけではなく身体全体の老化を防ぐ事が大切なんですよ。